1月14日(日)「森の手入れとツルカゴづくり」を行いました

今回のツルカゴづくりでは、林業体験として、森のやっかいもの「蔓」を除去してもらい、その除去した蔓を使って、ツルカゴを編むというのもの。
つどいの森周辺へ行き、自分の狙った蔓を採取。
手におえないものは、スタッフが高枝切りノコギリなどで補助し、大体は皆さんが自分で蔓を集めました。
ただ蔓を採っても、それを持ち帰れるよう、リースのように丸めていかなければなりません。これが、また結構手がかかり、採取よりも、まとめるのに時間がかかっていたように思います。それでも、午前中には余裕で終わる作業となりました。
昼食時間を取り、午後から編み込み開始。
やはり、クズ(葛)ツルのように簡単に言う事を聞いてくれません。太さやクセのある長いツルを、編み込んで行くには、2本の手だけでは大変さも。
苦戦しながら、皆さんそれぞれ、自分の描いた通りの作品ができたようです。


森の手入れを行い、そのゴミとなったツルを使い、カゴを編む。
昔はあたり前に行われていた事が、今では皆無に近い。
ならば、この山の手入れを、新しい感覚で受け入れてくれるのではないか!?とイベントに加えたら、「ツル採取、楽しい♪」「採るのも、面白い♪」との声が。
今回のイベントは大盛況に終わることができました。


それぞれ散らばって、蔓をさがします
森の手入れとツルカゴづくり


採取した蔓は丸くまとめていきます
森の手入れとツルカゴづくり


タテ芯用の蔓が、まだ採り足りない!?
森の手入れとツルカゴづくり


参加者12名が採取した蔓はこんな量に
森の手入れとツルカゴづくり


午後から、ツルカゴ制作スタート
森の手入れとツルカゴづくり


癖のある蔓に負けないように根気よく
森の手入れとツルカゴづくり


それぞれ個性的な形に仕上がってきました
森の手入れとツルカゴづくり


こちらの作品は今回一番の大きさ
森の手入れとツルカゴづくり

関連記事
プロフィール

tonoshomori

Author:tonoshomori
〈千葉県立東庄県民の森〉のスタッフが、森の情報をお知らせするブログです。

千葉県立東庄県民の森
詳しい情報は〈千葉県立東庄県民の森ホームページ〉をご覧ください。

森のアトリエ
〈東庄県民の森)ワークショップ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR