2月11日(土)は毎年恒例の「野鳥観察会」を開催しました

「日本鳥類保護連盟千葉県支部」「千葉県野鳥の会」の共催で、地元のNPO法人 干潟八万石には豚汁提供のご協力をしていただきました。
やはり見どころは、県民の森に隣接している「夏目の堰(八丁堰)」の白鳥とカモ類。今年は、オナガガモの大群が押し寄せ、他の種類のカモの姿が少なかったようです。
白鳥は、エサを探しに飛び立つ姿をたくさん目にすることができましたが、野鳥の方は年々、数や種類が少なくなってきているのが現状です。
観察後は、温かい豚汁をみなさんで美味しくいただきました。


夏目の堰で観察中
野鳥観察会


このカモの数
野鳥観察会


白鳥が旋回しながら飛立つ様子
野鳥観察会


こちらは野鳥を観察中
野鳥観察会

関連記事
プロフィール

tonoshomori

Author:tonoshomori
〈千葉県立東庄県民の森〉のスタッフが、森の情報をお知らせするブログです。

千葉県立東庄県民の森
詳しい情報は〈千葉県立東庄県民の森ホームページ〉をご覧ください。

森のアトリエ
〈東庄県民の森)ワークショップ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR