6月25日(日)「コケ玉づくり」を行いました

今回の参加者は16名と、雨の中でしたが、ほとんどの皆さんが参加してくれました。
コケ玉用の苗は「班入りヤブコウジ」と「ナンテン」の2種類。
各自2個のコケ玉を作りました。
苗の土を軽く落とし、大きく仕上げたい人は、ケト土やミズゴケ(ピートモス入り)をそのまわりに付け、ハイ苔を巻いて仕上げます。
やはり、糸を巻きながらコケを安定させ、形を整えるところが、一番時間がかかっていたようです。
コケ玉づくり自体は、結構簡単ですが、小ぶりの苗集めや、コケや土の用意と、とにかく下準備が大変です。
その準備は、講師でもある、菅谷日出夫氏にお願いをしました。
格安での提供に感謝です。
皆さんご自身で作ったコケ玉で、「涼」をとってもらえたらと思います。


菅谷氏の説明から
コケ玉づくり


さあ、コケ玉づくり開始です
コケ玉づくり


苗の大きさに合わせて、土台の大きさをつくります
コケ玉づくり


作品と一緒に記念撮影♪
コケ玉づくり


こちらがヤブコウジの作品の例
コケ玉づくり

プロフィール

tonoshomori

Author:tonoshomori
〈千葉県立東庄県民の森〉のスタッフが、森の情報をお知らせするブログです。

千葉県立東庄県民の森
詳しい情報は〈千葉県立東庄県民の森ホームページ〉をご覧ください。

森のアトリエ
〈東庄県民の森)ワークショップ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR