3月6日(月) 第4回GG大会を行いました

県民の森では毎年、年4回のグラウンドゴルフ大会を開催しています。
場所的にGG大会を行うには広いとは言えませんが、春夏秋冬と、芝生の状態が違うので、それも面白さのひとつです。
あとは、上り傾斜のある3番ホール。ここは県民の森の名物ホールとなっています。
今回は近隣チーム12チームの参加で、下は66歳から上は88歳、平均年齢は78.5歳。
その数字と、実際の皆さんのプレーぶりを見るのとでは全く違い、本当に皆さん、元気で若々しいです♪
いつまでもグラウンドゴルフ、続けて下さいね!


第1回(H28.6.7)
GG大会


第2回(H28.9.5)
GG大会


第3回(H28.12.12)
GG大会


第4回(H29.3.6)
GG大会

東庄県民の森における放射線量測定について

大気中の放射線量測定結果

大気中の放射線量測定結果

2月19日(日) キノコ栽培体験を行いました

コナラの木にドリルで穴を開けて、そこにシイタケの種駒を打込み、その原木を、自宅に持ち帰って栽培するという体験です。
毎年の恒例イベントですが、毎回多数の申込みがあり、今回もキャンセル待ちのお客様が何組も…。来年、また挑戦してみてくださいね。


良いお天気の中、体験開始
キノコ栽培体験


ドリルで穴を開けて…
キノコ栽培体験


開けた穴に種駒をトントン♪楽しそう
キノコ栽培体験

2月11日(土)は毎年恒例の「野鳥観察会」を開催しました

「日本鳥類保護連盟千葉県支部」「千葉県野鳥の会」の共催で、地元のNPO法人 干潟八万石には豚汁提供のご協力をしていただきました。
やはり見どころは、県民の森に隣接している「夏目の堰(八丁堰)」の白鳥とカモ類。今年は、オナガガモの大群が押し寄せ、他の種類のカモの姿が少なかったようです。
白鳥は、エサを探しに飛び立つ姿をたくさん目にすることができましたが、野鳥の方は年々、数や種類が少なくなってきているのが現状です。
観察後は、温かい豚汁をみなさんで美味しくいただきました。


夏目の堰で観察中
野鳥観察会


このカモの数
野鳥観察会


白鳥が旋回しながら飛立つ様子
野鳥観察会


こちらは野鳥を観察中
野鳥観察会

1月28日(土)「森の林業体験」を行いました

今回初めて、イベントとして林業の一部を体験しました。
森の手入れに欠かせない「間引き」。
直径10㎝程度のコナラの木を各自2本ずつ、ノコギリで切っていきます。
普段使い慣れないノコギリを手に、皆さん汗を流して頑張っていました。
切った間伐材は、輪切りや斜め切りにカットして、仕上げにやすりをかけコースターとして持ち帰りました。
切りたての木は、しっとりとしていて、手触りがとても良いです。
このイベントで、自然の恵みを感じてもらえたら…と思います。


縦のものを横に切るのって結構大変
森の林業体験


頑張った参加者さんです!
森の林業体験

プロフィール

tonoshomori

Author:tonoshomori
〈千葉県立東庄県民の森〉のスタッフが、森の情報をお知らせするブログです。

千葉県立東庄県民の森
詳しい情報は〈千葉県立東庄県民の森ホームページ〉をご覧ください。

森のアトリエ
〈東庄県民の森)ワークショップ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR