7月23日(日)「レクリエーションで遊ぼう」を行いました

このところ雨もなく、暑さも続いての「野外レクリエーション」は、ちょっと人気がなったようで、参加者は2家族のみでした。
運よく、この日は曇で、日差しの心配はないものの、相変わらずの湿気で蒸していましたが、皆さん、「クッブ」にハマったようで、大人も子供も楽しんでいました♪


※クッブ(KUBB)とは、スウェーデン生まれのスポーツで、両チーム5本づつの角材(クッブ)を自陣コートに並べ、6本の丸棒で相手コートの角材を倒していき、全部倒せたら、キングの角材を倒せるゲームです。


レク指導員の嶋田先生によるクッブの説明
レクリエーションで遊ぼう


今回はコートを小さめに設定
レクリエーションで遊ぼう


慣れてくると命中率もよくなって…
レクリエーションで遊ぼう


親子対決でゲームは子供達の勝利♪
レクリエーションで遊ぼう

7月8日(土) NPOおみがわ竹炭研究会の武崎会長のご協力のもと「ホタル観賞会」を行いました

昨年は雨のため中止となりましたが、今年は、晴天に恵まれ過ぎ!?て、月が明るく、ホタルの光が、ちょっと見づらかった面も。
今回、44名の参加をいただき、日没までは、カンタン!?なクラフトを作りました。
大人は、昔懐かしいシュロで作る「ハエ叩き」を、小さい子供たちは、「カスタネット」を作りました。
どちらもエコな作品で、カスタネットは間伐材の木の輪切りを、シュロは森にあるものと、「自然の物」を使ってのクラフトづくり。夜は、ホタルが自然の中で飛び交っている姿を観察と、大人も子供も、自然に触れた1日でした♪


ハエ叩きづくりに挑戦中
ホタル観賞会


ちびっ子チームのカスタネットづくり
ホタル観賞会


こちらが作品例
ホタル観賞会


武崎会長のお話から
ホタル観賞会


ホタルを優しく手に乗せて…よかったね♪
ホタル観賞会

7月2日(日) 近隣の福聚寺で「座禅体験」を行いました

今年で3回目の開催となりますが、年々参加者が増え、今回の参加者は20名。
興味のある人達が増えている事に、松田住職さんも喜んでいました。
座禅をする前から、この日は暑くて心配しました。
が、そこは集中!?いや、無の境地!?で、みなさん、20分間の座禅もなんなくクリアしていました。間10分程度の休憩をし、後半20分も余裕の様子でした。


時間にばかり追われている日常に、この座禅を通して「静」の時間を体験し、少しでも、心を落ち着かせることができたのではないでしょうか…。


松田住職さんの法話から
座禅体験


最初の20分間座禅開始…
座禅体験


休憩時間中
座禅体験

「東庄の 森だより」No.31を発行しました

「東庄の 森だより」No.31を発行しました。皆さんのご意見をお待ちしております。


» 東庄の 森だより No.31(PDF)


東庄の 森だより 東庄の 森だより
画像をクリックすると拡大します

6月25日(日)「コケ玉づくり」を行いました

今回の参加者は16名と、雨の中でしたが、ほとんどの皆さんが参加してくれました。
コケ玉用の苗は「班入りヤブコウジ」と「ナンテン」の2種類。
各自2個のコケ玉を作りました。
苗の土を軽く落とし、大きく仕上げたい人は、ケト土やミズゴケ(ピートモス入り)をそのまわりに付け、ハイ苔を巻いて仕上げます。
やはり、糸を巻きながらコケを安定させ、形を整えるところが、一番時間がかかっていたようです。
コケ玉づくり自体は、結構簡単ですが、小ぶりの苗集めや、コケや土の用意と、とにかく下準備が大変です。
その準備は、講師でもある、菅谷日出夫氏にお願いをしました。
格安での提供に感謝です。
皆さんご自身で作ったコケ玉で、「涼」をとってもらえたらと思います。


菅谷氏の説明から
コケ玉づくり


さあ、コケ玉づくり開始です
コケ玉づくり


苗の大きさに合わせて、土台の大きさをつくります
コケ玉づくり


作品と一緒に記念撮影♪
コケ玉づくり


こちらがヤブコウジの作品の例
コケ玉づくり

プロフィール

tonoshomori

Author:tonoshomori
〈千葉県立東庄県民の森〉のスタッフが、森の情報をお知らせするブログです。

千葉県立東庄県民の森
詳しい情報は〈千葉県立東庄県民の森ホームページ〉をご覧ください。

森のアトリエ
〈東庄県民の森)ワークショップ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR